愛の子供部屋脱出大作戦!2

2019年5月3日金曜日

引っ越し

t f B! P L

一人で暮らそうと家探し始めたが・・・


一人暮らしすることに決めたあと、しばらく賃貸サイトとか見つつ悩んでいたところ

母親から父親が家を眺めつつまだ大丈夫だとか(何が大丈夫なんだか)言っていて

家を出る気も建て直す気も無さげな感じだということを聞きましてね


もともとずっと住んでいた地元で愛着があったりとかはそりゃあるんだろうが

この廃屋で大丈夫とかもうさすがに一人でやっててくれという話


まあなんとなくそんな感じになる気はしてたんですけどね

そもそも本人ずっと家に住み続けられると思ってるみたいだし


近年の災害オンパレードでも何にも感じてないんでしょうね、自分は大丈夫だと思ってそう

年を食った人は今まで自分がこのやり方で生きてきたんだから大丈夫!

って思いこむらしいですがそんな感じでしょうか


結局一人暮らしは取りやめ、共同生活へ


そんなわけで母親の意向もあり一緒に引っ越すことにしました。

結局一人暮らしではないんですが一応お金はそれなりに出すことになるんでね

ルームシェアっぽい感じ?まあ子供部屋ではないでしょう


一人暮らしするってなったときなんか少し寂しいな~と思いつつ

しばらくすると少しわくわくしてたんですがまあ結局そんなオチです

でも母親ここに置いていくのも憚られるしねえ~もうずっと前からここが嫌だったようだし


それで行く先はこないだ内見行ったところでまあいいかなーと思ってるんですよね

うちペットとかもいるんで選択肢が割と狭まってしまうのですよね

その限られた条件の中ではまあ割といいところだと思えました


しかし色々準備だのあるようで実際に行くのは6月以降になるようです

申し込みは5月中にはするだろうけどちゃんと物件が残ってるかは少し心配ですね

あとは審査の方も・・・そっちで落ちることもままあるんでしょうか

何事もなく移れたらいいんだけどなあ


このブログを検索

ブログランキング・サークル

にほんブログ村 資格ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 元ニートへ


資格受験ランキング


ダメ人間日記ランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ツイッターやってまつ

相互リンク

結果の絶対平等・共産主義の理想社会の実現へ―フランス型共産主義の新しい息吹と光―
色々ユニークな人です。
時々過激な発言もありますが敵対しなければ人畜無害です(多分)。
法闘士で後期少年で日本株投資家。

Follow by Email

QooQ